2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

レシピ

2011年1月13日 (木)

アップルパイ&切干大根

あちこちのブログにみなさんおいしいものをUPされていて
あれも食べたい~これも食べたい~
作りたいものがいっぱいです♪

そんなおいしそうなブログの中から
おひるねおかんさんのパイシートで作る簡単アップルパイ♪
マネさせていただきました。

100_1820

アップルフィリングがしみだしちゃった

私も冷凍パイシートは冷凍庫に常備してあって
パンプキンパイとか作ったりしていましたが、アップルパイは久々に作りました。
久々すぎてシナモンいれるのわすれちゃった…

100_1817 お次はまめじさんのブログでめちゃおいしそうだった「輪切りの切干大根」

…の、最初の準備。大根を輪切りにしたとこ。お漬物作りの残り大根です。
明日からお日様の下で天日干しです。
湿度も温度も低いので、甘~い寒干し大根になりそう

最近は「干し野菜」が大ブームよね。
いろいろ干して研究してみようかな♪

教えてくれた方々、ありがとう♪

2010年11月17日 (水)

思索…試作…

急に冬の寒さになりましたね。

昨晩は秋の夜長…、直売所に出す「お漬物」研究をすることにしました。

先月までは、畑で残ってしまったやぶけたキャベツと曲がったきゅうりで
キャベツときゅうりの浅漬けを作って、

1日10袋ずつくらい直売所に置かせてもらっていたら
思いのほか売れ行きがよく、調子に乗って次なる商品の開発です♪

今、たくさん採れているのは、かぶ。

「あやめ雪」。日に当たる部分があざやかなピンクで
お漬物やピクルス、甘酢漬けにするとおいしい品種です。

100_1578

これを、葉っぱと茎も一緒に浅漬けにしてみました。

100_1580 100_1531

100_1588

←こちらは庭からゆずをもいできて、
一緒に甘酢に漬けに。

それから大根です。↓
大根も、葉と、ゆずの皮の千切りと一緒に浅漬けに。

100_1582

いくつか袋詰めして、試食用の容器も用意して
直売所に出荷してみましたー☆

私の持っている「食品衛生責任者」の資格だけで売れるお漬物は
「塩漬け」と「糠漬け」だけ。。
ピクルスや甘酢漬けは保健所の営業許可が必要なので残念ですが、
自分で食べるだけです。。

いつか、小さい小さい食品加工工場がもてるといいな。

100_1550 トラくんには、そんなことはどうでもいいみたいですが…

2010年10月30日 (土)

今年最後の「なす」

きのう、雨が降ってくる前に、晩ごはんのおかずになすを収穫しました。

よい実がならなくなったので出荷はとっくの昔に終わらせて、
夏のなごりのような実がいくつかなっているだけです。

もうすっかり葉が枯れて、皮が固そう。。
割れていたり、傷だらけだったり…。

そんな中から、なんとか食べられそうな5本ばかりをえらんで、
「なすの揚げびたし」にしました。

100_1468

作り方

1・皮が固いので、ピーラーで適当にむく

2・適当に切って素揚げ

3・めんつゆ+お砂糖+酢 で作ったたれに漬けて、
  
きざみネギを散らして完成♪

さっぱりしていて大好きなんだけれども、
今年の夏はめちゃくちゃ暑くて、揚げ物をほとんどやりませんでした。
秋の最後に食べられてよかった♪

今日は大雨で中止になった農業祭。
明日は予定通り、開催されることになりました。

でもちょっとお天気悪いのよね…心配。

2010年10月26日 (火)

パンプキンパイ♪

夏にたくさん収穫したかぼちゃ。少しずつ出荷しています。

今日はあまりにも外が寒いので、お仕事さぼってクッキングタイムにしてしまいました。

冷凍庫にあったパイシートを使って「パンプキンパイ」♪

作り方は簡単です。

1・かぼちゃを適当な大きさに切って、レンジでやわらかくチン♪

2・スプーンをつかって皮から中身だけくり抜いて、
  
砂糖、牛乳、シナモン、塩でかぼちゃ餡を味付け。

3・冷凍パイシートを適当に伸ばして適当に切って、
  
餡を包んで200℃のオーブンで15分☆

できあがり

100_1453m

切れ込み…しっぱい。

素朴な味のパイになりました。

2010年10月23日 (土)

花ズッキーニ

うどの花のほかにも食べられる花はたくさんあります。

畑をみわたすと、もうほとんど枯れかかっているズッキーニに
まだ元気な雄花がいくつも咲いていました。
雌花もありますが、もう受粉して実を育てるほどのエネルギーはなさそう…。

ということで、雄花をつんで花ズッキーニのフリッターを作ってみました。

100_1451_2

つくり方

1・雄花の中のおしべをお箸でつまみ出し、軽く水洗い。

2・花びらの中に、チーズをバジルの葉で巻いたものを詰めて
  
花びらの口をとじます。

3・たっぷり衣をつけて、さっと揚げるだけ♪

イタリアーンなお味です。
ほんのり甘く、ズッキーニ特有の青っぽいようなカボチャっぽい味が
バジルとチーズにぴったりです。
はかないふわふわした食感が不思議な感じ。


お店ではなかなか見つけられない花ズッキーニも
ひと株栽培すれば夏は食べ放題できるかも。
来年の直売有力候補をまたひとつみつけました。

2010年10月21日 (木)

うど花ちゃん

うどの花って食べられるんですよ。

立川は戦後まもなくから白い軟化うどの生産がさかんになりました。

いまも30軒ちかい農家が、まっくらな「むろ」と呼ばれる穴の中でうどを育てています。

「むろ」に入れるのは根っ子の部分。夏の間はその根っ子を地上の畑で育てます。

いま街の畑のあちこちで、大きく育ったうどが、かわいい白い花を咲かせています。

Img_6112

このお花。おいしいんです♪

まだ咲いていない蕾にころもをたっぷりつけて、天ぷらにします。

ふきのとうのような苦みといっしょに、うどの香りが鼻孔にふんわりぬけて、

なんとも高級感ただよう天ぷらになるんです。

みためもポンポンかわいくて、ちょっとしたアクセントになりますよ。

花の時期の今しか味わえない、しかも産地でしか味わえない、うどの花。

直売所で見かけたら、ぜひ手にとってみてくださいね。

その他のカテゴリー